2017年6月18日日曜日

「熱意ある社員」6%のみ:大学も一緒

少し前,こんなニュースが出ていました.
■「熱意ある社員」6%のみ 日本132位、米ギャラップ調査(日本経済新聞:2017年5月26日)
世論調査や人材コンサルティングを手掛ける米ギャラップが世界各国の企業を対象に実施した従業員のエンゲージメント(仕事への熱意度)調査によると、日本は「熱意あふれる社員」の割合が6%しかないことが分かった。米国の32%と比べて大幅に低く、調査した139カ国中132位と最下位クラスだった。
(中略)
――日本ではなぜこれほど「熱意あふれる社員」の割合が低いのですか。
(ギャラップ社 クリフトンCEO談)「日本は1960~80年代に非常によい経営をしていた。コマンド&コントロール(指令と管理)という手法で他の国もこれを模倣していた。問題は(1980~2000年ごろに生まれた)ミレニアル世代が求めていることが全く違うことだ。ミレニアル世代は自分の成長に非常に重きを置いている」
 「それ以上に問題なのは『不満をまき散らしている無気力な社員』の割合が24%と高いこと。彼らは社員として価値が低いだけでなく周りに悪影響を及ぼす。事故や製品の欠陥、顧客の喪失など会社にとって何か問題が起きる場合、多くはそういう人が関与している」(日本経済新聞:2017年5月26日)
つまり,どうやら日本人のステレオタイプである「猛烈サラリーマン」は過去のものになっているとのことです.
「1980〜2000年頃に生まれた世代(ミレニアル世代)」というのに私も該当しますが,この世代が「自分の成長に非常に重きを置いている」というのはよく分かります.そういう人が多いのは実感できます.

どうしてそう “実感” できるのかと言うと,仕事へのモチベーションが「自分の成長」にしか見出だせないからです.
逆に言えば,会社のためとか,熱意を持って仕事をすることに価値がないのです.
もっと言えば,この「自分の成長」というのは決して「職業能力」を指すわけではないということ.それには,プライベートを充実させるスキルの成長も含まれるであろうことが察せられます.
事実,この世代は「仕事よりもプライベートを充実させたい」という調査結果が出ています.
20代の仕事に対する意識調査(転職エージェント評判.com)

本件について,こんなブログ記事も出ていました.私は概ね賛成です.
日本企業に「やる気のない社員」が多いのは、社員ではなく会社のせい(BLOGOS)

その理由についてですが,このブログの著者が紹介している「アンケート調査の内容」に考えるヒントがあります.
ギャラップ社が行ったアンケート調査の内容とは,以下の12個の質問に5段階評価で回答させるというものだったそうです.
Q1:職場で自分が何を期待されているのかを知っている
Q2:仕事を上手く行うために必要な、材料や道具を与えられている
Q3:職場でもっとも得意なことをする機会を毎日与えられている
Q4:この1週間で、よい仕事をしたと認められたり、褒められたりした
Q5:上司または職場の誰かが、自分を一人の人間として気にかけてくれている
Q6:職場の誰かが自分の成長を促してくれる
Q7:職場で自分の意見が尊重されている
Q8:会社の使命や目的が、自分の仕事は重要だと感じさせてくれる
Q9:職場の同僚が真剣に質の高い仕事をしようとしている
Q10:職場に仲の良い友達がいる
Q11:半年のうちに、職場の誰かが自分の進歩について話してくれた
Q12:この1年のうちに、仕事について学び、成長する機会があった
上記のブログ著者が述べるように,この質問内容に対し「低評価」「そう思わない」と回答する「職場」とはどんなところか? 想像してみてください.

容易に想像できることでしょう.つまり,「即戦力」が求められていて,「不安定」で,「共同体」の意識がなく,「責任」の所在が曖昧,ないし「自己責任」なところです.
継続して自分が求められるわけではない.
来年も同じ仕事をしているかどうか分からない.
関わっている部署が限定的.
誰が責任をとるのか分からない.
もしかすると全責任を負わされるかもしれない.

ネガティブな言い方をしてみましたが,それぞれ言い方を替えれば,これらは一昔前(90年代)に流行った理想の職場像です.
実力が求められる.
結果が出せない者は淘汰される.
人間関係があっさりしている.
スピード重視.
効率性重視.

そして,「仕事よりもプライベート」というのも,20年くらい前に流行した「理想の人生」だったはずではないでしょうか.50〜60代の皆さん,もうお忘れですか?
つまり,職場環境はしっかりと「理想の職場」になっているんですよ.そうなるように20年かけてやってきた.
結果,仕事に熱意のある社員は減ったわけです.当然の帰結.

大学の職場もそんな煽りを受けています.
「作業」として教育をしている人が増えているんです.これも当然の帰結です.
あと,以前と比べて,任期付の教員・職員,特任教職員といった不安定な雇用が増えていますので,皆が同じ立場で話すことがありません.
学部学科や部署が一緒でも,雇用形態に落差があるので,実際のところ腹を割って話すことなどないのです.

「専任の先生が優先です」「任期付なのでできません」「契約なので無理です」そんな会話がよく出ます.ピリピリした空気とともに.
そのうち,いちいち雇用形態の違いで気遣いするのも面倒になってきて,いっそのこと互いに無関係を決め込むようになります.
これにより,教育の作業化に拍車がかかります.

それを言い出したら,大学とは元々そういうところではあるのですが,ここに「実力主義」という大いなる欺瞞があります.結果を出そうと出せまいと,評価はメチャクチャなのが大学です.
現実,実力主義や結果主義になどならないので,それで不満を抱える人は多いんです.
もっとも,私としては実力主義を大学に持ち込んだら崩壊すると思っていますが.

その一方で,職場の人間関係を希薄にする力学を働かせているくせに,なぜか一致団結を強調するのも昨今の大学です.
なぜかっていうか,その理由は分かっていて,ズバリ,経営難だからです.大学でも教職員間の統率をとらないといけないと考えるわけですね.

で,そこにそれこそ「一昔前の会社員像」,つまり滅私奉公を是とする猛烈サラリーマンを持ち込もうとするわけです.これがまた軋轢を生む.
「ここはひとつ,学生のために皆で頑張りましょう」って言っても,「知らねぇよ.こちとら来年はここで働いてないんでね」とか,「学生の生活を心配する前に,自分の生活の方が心配です」ということになる.

そうやって人間関係が希薄になっているのに,学生の面倒見だけは良くしようとしているわけで.そこには巨大な偽善が渦巻いています.気持ち悪いですね.
典型的なのは,学生の面倒を見る要素の強い仕事(初年次教育,面談業務等)は,契約・任期付の教職員が担当していたりすることです.ようするに,学生の面倒見はそれこそ「面倒」なので,低賃金労働者にやらせておけばいいと考えているわけですよ.

なお,過去記事でも述べたように,私はこういう大学の状態を改善できるとは思っていません.諦めています.
詳しい理由はそれら過去記事に書きましたが,ようするに,こうした現状は国民が望んだものだからです.文科省が企てたわけでも,政治家が貶めたわけでもない.

もちろん理屈の上では政治家に責任があるのでしょうが,そもそも国民が教育の崩壊を望んでいる以上,これを改善することは絶望的と言っていいでしょう.
諦めましょう.その上で頑張りましょう.


関連記事
大学教育を諦める
なぜ大学改革をやってはダメなのか(2)
保育所問題はここまで来た
大学改革の凄惨さがニュースになっている

2017年6月15日木曜日

グローバルとイノベーションを蒸し返す

蒸し返すように書いていますが,今回はグローバルとイノベーションのことです.
詳しい話は過去記事で散々やっているので,今日は愚痴っぽくなります.

教育関係にご興味のない人は,昨今の大学が「スーパーグローバル大学」に取り組んでいたり,高校が「スーパーサイエンスハイスクール」だけでは飽き足らず,「スーパーグローバルハイスクール」に取り組んでいることもご存知ないかと思います.
なお,これらはいずれも日本の教育界での話です.
ちなみに,最近は「イノベーション」に熱心です.

私たちにとって身近なのは,スーパーグローバル大学です.
ですがこのスーパーグローバル大学,結局のところ尻切れトンボな飛行を続けております.
はっきり言って迷惑なんです.

さて,そんなスーパーグローバル大学も,今年度は中間評価の年.
スーパーグローバル大学創成支援事業(中間評価概要)(日本学術振興会)
各大学,どんな言い訳を用意してくるのか楽しみですね.
対する評価委員も,どんなお茶の濁し方をするのか注目です.

今回,中身についての細かい話をしたいのではありません.それらについては過去記事をどうぞ.

今日は,そもそもの話.もっと単純な話.
「スーパーグローバル大学」
文部科学省の役人の中に,誰か止める奴はいなかったのか? という話です.

「スーパーグローバル」ですよ.スーパーグローバル.
どこのバカがこんな名称でゴーサインを出したのか? 小一時間問い詰めたい.

明らかにキチガイじみた名称ですが,これは私の感覚でしかありません.
私は英語圏のネイティブではありませんので,本件についてネイティブの人に聞いたことがあります.「スーパーグローバル大学っていう名称,どう思いますか?」って.
同僚の英語圏のネイティブである先生は,「意味不明」と仰られていました.

この違和感について話をしてみますに,じゃあ,この英語の違和感を日本語で表してみたらだったらどんな感じなのか? ということで,いろいろディスカッションした上で出たものがこちら.
文科省版:あなたの英語,ネイティブにはこう聞こえます.
「スーパーグローバル大学 = 大盛り国際教育」

バカですね.シュールかもしれない.
ちなみに,このネイティブ教員はユーモアのセンスが強い人なので,そのへんは差し引く必要はありますが,それでもこんな感じに聞こえることは確からしい.
グローバル(global)にスーパー(super)をつけることの愚かさ.globalをsuperにするってどういうこと? という違和感.
なお,上述した日本学術振興会のサイトで確認できるのですが,そこでは英語表記は「Top Global University Project」になっています.盛大に後付であることが分かります.

私はなにも,政治家や官僚がなにかの拍子に「スーパーグローバル」と一切発言してはいけないと申しているわけではありません.思わず口に出してしまうこともあるでしょう.
私が言いたいのは,事業名称を決定する際に,なぜネイティブチェックや英語が堪能な人の意見を取り入れなかったのか? ということです.どうしてその一手間をかけなかったのか.

私のような者ですら「おかしい」と感じるのです.学力が高い人であれば尚の事,その場で気づいていたのではないでしょうか.
2014年から始まっているこの事業の名称が決まったのは2013年です.それまではまだ仮称でした.
スーパーグローバルにせよ,スーパーサイエンスにせよ,一体どんな政権がこんな名称を決めたんでしょうかね.恥ずかしい話です.

これと似たものに「革新的イノベーション」事業があります.
いえ,冗談ではありませんよ.本当にこういう名称の事業が文部科学省で行われているんです.
革新的イノベーション創成プログラム(文部科学省)

これもそう.
誰か止める奴はいなかったのか? ということです.

普通の会議ならこうなります.
「じゃあ,“革新的イノベーション” っていうのはどうかな?」
「いやいやいや,バカ過ぎでしょそれ.もっと真剣に考えてくださいよぉ」

だが,そうはならなかった.
案の定,これも2013年から始まったものです.

「革新的イノベーション」ということですので,我が国の文部を司る機関にお勤めなさっている方々の頭の中には,「革新的ではないイノベーション」もしくは「保守的イノベーション」というものがあるようです.
ぜひ教えていただきたいですね.

これについても,上述したネイティブの先生とお酒を飲みながら話したことがあります.
吹き出して笑っていました.
で,やっぱり英語表記は異なります.「Center of Innovation」になっていました.どうせ後付ですね.

革新的イノベーション.
日本語にはこれと似たような言葉が他にもあります.
チゲ鍋とか■ラム酒,■クーポン券などが代表的です.

小さな子供が,思いつきで似たようなことを口走ることがあります.
「よし行くぞぉ! スーパー・ハイパーキャノン砲,発射ぁ!」
とか言いながら,公園でヒーローごっこしている男の子がいますね.
革新的イノベーションとは,これと一緒です.

でも,これは文部科学省が企画する(たぶん)大事な事業のはずです.
適当な名称を付けられてはたまったものではありません.

けど,革新的イノベーションも「スーパー・ハイパーキャノン砲」と同じようなノリで付けられた名称かもしれません.
きっと,幼い子供のような自由な発想を期待してるのでしょう.


関連記事


2017年6月13日火曜日

ダイエット用晩酌術:野沢菜漬けにチーズ,これ最強

誤解無きよう.
これは宣伝用の記事ではありません.

私のアルコール論シリーズ,第?弾です.
よく覚えていないんですけど,過去記事を探して最後にまとめておきます.

私はよく晩酌をするのですが,晩飯をなるべく控えるようにしています.
その代わりに,酒に合うツマミの質を上げて「少数精鋭」で楽しむようにしています.
お陰様で10年以上,体重・体脂肪率をキープしています.

こんなことができるのも独り身だからです.
嫁さんをもらっている人からは,好き勝手出来ないことの嘆きをよく聞きます.

世の「お父さん」が肥満に悩んでいる原因の “約半分” は,彼に嫁がいて,その嫁が飯を出すからです.出されたからには食べねばならないという義務がある.それが肥満を招きます.
私のように好き勝手していれば肥満になることはありません.

私が晩酌をする際の,最強のコンビネーションが,
「野沢菜漬け」 + 「チーズ」
です.

野沢菜漬けにはこだわりがあります.
これです↓
 

スキー実習や練習などで長野県に出向いた際には,自分用として必ず買って帰るお土産です.
Amazonでも売ってるのかなぁって思って探したら,ありました.
最近は専ら通販で購入しています.

スーパーで売ってる野沢菜漬けとは雲泥の差です.
これ以外にも美味しくて手に入りやすい野沢菜漬けがあったら教えてほしいのですが,私はまだこれ以外を知りません.

実家に紹介したらやっぱり好評だったので,近年では「母の日」も「父の日」もこれを送ることにしています.さっき父の日用として購入したところでもあります.
なお,この商品のAmazonでの在庫数が少ないのは,私がいつも購入しているからです.すみませんね.

食べ方は至って簡単.
袋から取り出し,3〜4センチの長さに切って,お酒と一緒に食べるだけです.
私としては,これだけで晩飯はOKです.
故に太りません.

塩分の取り過ぎになっているのではないかと思いますが,この数年間は大丈夫そうです.

なお,この野沢菜漬けと一緒に食べると良いのが,チーズです.
チーズといっても,私には特段のこだわりがあるわけじゃなく,こんなのでOKです↓


あらかじめ切れてるのが便利ですね.
この安物チーズ単品でお酒を飲む気にはなりませんが,野沢菜漬けと一緒ならOKです.
野沢菜漬けとチーズの相性は抜群です.

近くのスーパーにはこんなのもあります.関西にいた頃からずっと定期購入しているのがこちら.


この『ジェラールセレクション・クリーミーウォッシュ』というのは,臭いが強いけどネットリしていてコクがあって旨いんです.
通販で購入するようなものではありません.高いし.
スーパーで購入しましょう.でも,どこのスーパーにもあるわけじゃないので,探す必要はあります.

こういうメニューを見て「あぁ,なるほど.炭水化物ダイエットになっているんですね」と思われるかもしれませんが,これは炭水化物ダイエットではありません.
朝昼は炭水化物ばっかり食べています.

お酒に炭水化物が合わないだけのことで,晩酌しない時は炭水化物を食べています.
それに,炭水化物ダイエットなんてバカバカしいものを信じる奴の気が知れません.

以前は『なとり帆立貝柱燻製』を大量購入していました.


でも,2年前頃からこの製品の質が急速劣化しているように思うのは私だけでしょうか.
材料である帆立貝柱の質が落ちているんでしょうかね.自然相手なので仕方ないのかもしれまんせんが,残念でなりません.
なので,最近は買わなくなりました.

さらに余談ですが,沢庵の醤油漬け(大根の醤油漬け)の美味しい奴を通販で購入できないかと探しています.
通販してないやつで美味しいのは知ってるんです.でも,現地に行かないと手に入らないというのは不便ですね.
でも,そういう方が有り難みがあるのかもしれません.


関連記事
日本のウイスキーが高いよ
大学生用:二十歳になったらお酒を飲もう

2017年6月12日月曜日

幼女に興味はないですよ

先日の夕方のこと.
自宅アパートに帰るため,この近くの一軒家の前を通ったら幼い女の子が玄関のドアを何度も叩いているんです.年齢は5歳くらいでしょうか.「叩いている」というより殴りつけるような感じでした.

しばらくして私は,ラーメンでも食べに行こうかと思いたち,アパートを出ます.
で,その家の前を通ると,女の子はまだドアの前にいて,三角座りでしょんぼりしているのです.
この季節ですから,夕方とは言えまだ空は明るいし人通りも多い.だからそんなに気にも止めていなかったんです.

その後30分くらいでしょうか,私がラーメンを食べて戻ってきても,その子はまだドアの前にいる.
どうやら完全に泣き顔で,私以外にも道行く人を泣きながら見つめています.

「きっと躾かなにかで,親に叱られて外に出されているのだろう」
私にもそんな体験がありますから,そんなもんだと思いつつも,やっぱり時間が時間.
それに住宅地とは言え,否,住宅地だからこそ安全性に疑問が残る.
さっきまで明るかった空も急に暗くなっていますし,最初に見つけた時からだいぶ経っています.

とは言え,ここでもスルー.
アパートに戻りました.

さらに30分ほど経って,やっぱり気になったので「私はこれからコンビニに飲み物を買いに行くんだ」という理由を自分につけて外出.
そしたら,やっぱりまだいる.

「家にお父さんやお母さんはいるの?」と聞くと,泣きながら頷く女の子.
柄にもないことをしてるな,俺は.と自分一人で恥ずかしくなるも,ひとまず中に誰かいるのか知るため玄関のドアをノック.
すると,ドアが開き,似たような年齢の男の子が顔を出してきて,不思議そうに私を見つめます.そして女の子に「なんで入ってくるんだよぉ!」と文句をつけながら両肩をつかんで追い出そうとしつつ,「ねぇ!誰か来たよう!」って家の奥のほうに向かって声をかけるんです.
返事はないものの,テレビの音がするし,人のいる気配がする.

そうするうち,女の子は泣きつつ怒りながら,男の子の腕を払い除けて家に入っていきました.

う〜ん・・,事情がよく分かりませんな.

この子の親に私がここに来た事情を話すのも面倒だし,このまま退散しようということでコンビニにGo.
そうです,私はコンビニに飲み物を買いに出てきたはずだったので.早くお茶かビールを買いに行かないと.

今日もこんなニュースがありました.
男児連れ去り?疑われた親切心(Yahoo!ニュース)

気をつけないといけないですね.